切らないニキビ・ニキビ跡最新レーザー治療|精美スキンケアクリニック【東京】

東京,江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニック
東京,江戸川区小岩ヒフ科,精美スキンケアクリニックへの無料相談江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニックへの資料請求
精美スキンケアクリニックのスマートフォンサイト
精美スキンケアクリニック
無料メール相談
資料請求
電話でのご相談
診療案内
クリニック紹介
ドクター紹介

旧来のニキビ治療法

これまで行われてきたニキビ治療

これまで皮フ科や美容外科で行われてきたニキビ治療は、塗り薬と飲み薬、スキンケそしてケミカル・ピーリングが主流でした。
精美スキンケアクリニックで現在行っているレーザーや光線力学療法を中心とした最新のトータル・ニキビ・ニキビ跡・毛穴治療プログラムを紹介する前に、ここで簡単に一般的に普及しているニキビ治療をみておきましょう。

塗り薬

塗り薬としては、抗菌や抗炎症の効果のある成分が含まれるクリームや、角化異常を防ぐ成分が含まれたクリームが使われています。
また、近年ではニキビの炎症後の色素沈着の防止や抗酸化効果が期待されて、ビタミンCの誘導体やイオン導入もよく使われるようになっています。
他には、美白効果のあるレチノイン酸(ビタミンA)がニキビの改善効果が高いと考える医師も増えてきて実際に治療現場で使われることもあります。
ほかにニキビ用の洗顔剤や化粧水も使われています。このなかにはケミカル・ピーリングで使われるグリコール酸などが配合されていて、角栓(毛穴をふさいでいる栓)除去などの効果があるものもあります。

飲み薬

飲み薬としては、ビタミンA、B、Eなどのビタミンがニキビ治療に有効です。
ビタミンAが角化の抑制効果、ビタミンB群が皮脂の過剰分泌を抑制する効果、ビタミンEが過酸化脂質産出の抑制効果があります。
ニキビ治療には、塗り薬としてもビタミンCやビタミンAが使われることもあり、ニキビ治療にビタミンは大活躍しているのです。

ケミカル・ピーリング

ケミカル・ピーリングは現在ニキビ治療のなかでもっとも一般的なものになっています。皮フ科でもニキビ治療にケミカル・ピーリング療法を行うところが増えてきています。
ケミカル・ピーリングは、白ニキビや黒ニキビに対しては、皮フにある過剰な皮脂や毛穴のつまりの原因となる角栓を取り除く効果があり、赤ニキビや黄ニキビに対しては炎症の原因となる細菌を殺菌する効果があります。
また、古い角質層を取り除き皮フの新陳代謝を促すので、色素沈着や開いた毛穴を改善する効果もあります。

これまでのニキビ治療の課題

これまで一般に行われてきた、塗り薬や飲み薬、あるいはケミカル・ピーリングなどのニキビ治療法は一定の改善効果を上げてきているのですが、いくつかの課題が残っているために患者さんの満足を得られない場合も少なくありません。

「ニキビの症状はよくなるが、完治しない」
「塗り薬やピーリングは継続して行わないと、すぐに再発してしまう」
「ニキビは良くなって嬉しいが、ニキビ跡が残ってしまった」 
「敏感肌なのでケミカル・ピーリングを受けることができない」
といったお声が非常に多く感じられます。

従来の治療法の利点は取り入れつつ、こうした従来の治療法の欠点をふまえて、精美スキンケアクリニックでは、オリジナルのニキビ治療を行っています。
当院では、美容皮フ科の専門医として、また日本でいち早く最新のレーザー治療を取り入れて若返り治療(アンチ・エイジング)や皮フ疾患治療のための医療レーザーセンターを作ったクリニックとして、新たに患者さんの満足度が高いニキビオリジナル治療法“トータル・ニキビ・ニキビ跡・毛穴治療プログラム”を提供しています。

→当院のニキビオリジナル治療法“トータル・ニキビ・ニキビ跡・毛穴治療プログラム”はこちら
クリニックの地図
託児所のご案内 お子様のワキガ お子様のムダ毛治療 お子様のアザの悩み お子様の白斑の悩み お子様のニキビの悩み 院長ブログ メンズ精美 江戸川区小岩の皮膚科へのご連絡 音声案内 未成年の方へ


閉じる